保険の入れ歯も自費の入れ歯もわけ隔てなく、可能な限り快適でピッタリした入れ歯をお作りします / 豊中市の歯医者さん ふじたか歯科クリニック

入れ歯・義歯治療案内トップ

ぴったり入れ歯でもっともっと!健康ライフを!
入れ歯には、総入れ歯・部分入れ歯を含めさまざまな種類があります。材質や構造的にも様々な種類があります。また、保険制度の範囲内で制作できる入れ歯や、精度の高い自費診療による入れ歯があります。

ここでは、保険の入れ歯を始め、当歯科医院がお薦めする機能的で審美的にも優れた入れ歯をご紹介します。
保険診療による入れ歯
保険制度でつくる入れ歯には、材料やデザイン、構造などに細かい制限があります。
総入れ歯は材料がすべてレジン(プラスチック樹脂)のため強度を保持するために厚みがあります。
部分入れ歯は残っている歯に針金(クラスプ)で固定します。
見た目などの審美性やぴったり感、食べ物の温度の伝わりやすさ(熱伝導率が低い)などの機能性は劣りますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

保険診療による入れ歯
自費診療による入れ歯
ノンクラスプ義歯
ポリカーボネート樹脂でできた金属のバネのない部分入れ歯です。
入れ歯と歯ぐきの境目が目立たないため審美的に優れています。また、残っている歯への負担が軽く、お餅やガムなど粘着性の高い食べ物も安心して食べることができます。

金属床義歯
金属床義歯
保険でつくるレジン(プラスチック樹脂)の入れ歯の厚さは最厚部で約3mm以上あります。
これに対して、金属床は入れ歯の主要部分を金属で製作した入れ歯です。厚みが薄い(約0.5mm程度)のに丈夫で壊れにくく、食べ物の温度が伝わりやすい(熱伝導率が高い)ため、今までどおりの味覚を味わえます。臭いも付きにくいため衛生的な義歯です。
自費の金属床義歯と保険のレジン床義歯の比較

金属床義歯の比較
金属床義歯の比較
磁性アタッチメント義歯
磁性アタッチメント義歯
残っている歯根に金属(磁性金属)を入れ、入れ歯に超小型磁石をセットした入れ歯です。
磁力の力でガタつかない密着した入れ歯ができます。

歯根が残っていない場合、インプラント(人工歯根)を用いて義歯の安定をさせることもできます。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
入れ歯・義歯のご相談
詳しくは、ふじたか歯科クリニックまでお問い合わせ下さい。
お電話やメールにてお気軽にご連絡下さい。

お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ