成長に適した歯の治療(予防歯科)と咬合誘導(かみ合わせの予防)で子どもの成長をお手伝い / 豊中市の歯医者さん ふじたか歯科クリニック

小児歯科・こどもの治療治療案内トップ

小児歯科って、虫歯を治したり、予防するだけ?

どんなお子様でも最終的には永久歯の歯並び・かみ合わせが出来ていきます。そして、その成長・発育に伴ってあごの大きさや顔立ちも変化していきます。その成長の過程のなかで障害をもたらすもののひとつに虫歯があるのです。

ですから当歯科医院では、小児歯科治療の目的は虫歯の完全な治療ということだけでなく、乳歯列から永久歯列へ交換する際の障害を排除することと考えております。
だからといって、「どうせ抜けるのだから」という考えは成長メカニズムを阻害するのでやめましょう。

当歯科医院の小児歯科治療は、治療がスムーズにできるお子様には完全な治療をめざしますが、治療を嫌がるお子様や急を要しないお子様には、その時の状況にあった治療計画で進めていきます。
歯磨き指導・仕上げ磨きの指導と歯ブラシの選定
歯も元気な子どもにしよう!
当歯科医院では、正しい虫歯予防のための歯磨き指導をおこなっております。
また、一人できちんと磨けないお子様のために仕上げ磨きの指導も保護者向けにおこなっております。

歯ブラシ選びも大切です。歯がはえたら、すぐにでも歯ブラシを使い始めましょう。歯ブラシの習慣づけにも有効です。歯の形は複雑ですから、小学校低学年くらいまでは、仕上げ磨きも必要です。

お子様の歯ブラシの届きにくい部分をチェックして、お口の状態や歯並びにあった歯ブラシをお選びします。

いろいろな小児用歯ブラシ(医院推奨:ライオン歯科材(株) の歯ブラシ)

EX kodomoシリーズ
太めのラウンドハンドル採用でしっかり握れるこども用歯ブラシです。お口の状況や年齢、「かための歯ブラシをいやがる」、「ブラッシング圧が高い」など、お子様の磨き方に応じて選びます。

 乳幼児用    0~ 6才
 仕上げ磨き用  0~ 6才
 混合歯列前期用 5~ 9才
 混合歯列後期用 8~12才

それぞれ、毛先がやわらかいやさしい磨きごこちの「S」、普通のかたさの「M」があります。
混合歯列とは乳歯と永久歯が混在した状態をいいます。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
シーラント
シーラント
奥歯のミゾの虫歯を防ぐためにおこなわれるのがシーラントです。虫歯になる前の歯のミゾを削らずにフッ素系の樹脂で埋めてしまう方法です。
乳臼歯はもちろん、生え始めた永久臼歯にはとくに効果的です。
フッ素塗布・フッ素洗口
フッ素には虫歯を抑制する効果があります。この効果を利用してフッ素を歯に直接塗布します。またトレーを使用して塗布する方法もあります。
フッ素洗口は薄いフッ素溶液を歯磨きのあとでクチュクチュうがいさせて吐き出させる方法で、ご家庭でも簡単におこなえます。
フッ素で虫歯予防! フッ素の虫歯予防効果!
虫歯に強い歯質をつくる
歯の表面のエナメル質を細菌の出す酸に溶けにくい性質にします。
再石灰化を促進 - 唾液の働きを補って歯を再生
歯の表面は唾液に含まれるカルシウムやリンが再付着(再石灰化)することで、日々再生しています。フッ素はこの唾液の働きを助ける性質を持っています。
細菌の働きを低下させる
フッ素は虫歯の原因菌の働きを低下させます。
細菌の働きが弱まると、酸の放出が減少し、歯の溶ける量も減ります。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
小児歯科・こどもの治療のご相談
詳しくは、ふじたか歯科クリニックまでお問い合わせ下さい。
お電話やメールにてお気軽にご連絡下さい。

お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ