歯ぐきからの出血、歯のグラグラ…。歯周病・歯槽膿漏から大切な歯をお守りします / 豊中市の歯医者さん ふじたか歯科クリニック

歯周病治療・歯周内科治療案内トップ

歯を失う原因のNo1! 本当は恐ろしい歯周病

歯周病は歯を失う原因のNo1
歯周病は細菌による感染症です。歯ぐきからの出血や膿からくる口臭だけでなく、最終的には歯を失ってしまう病気です。

歯科の二大疾患といえば虫歯と歯周病ですが、近年の調査では歯を失った原因の40%以上が歯周病と報告されており、虫歯よりも恐ろしい病気ともいえます。

当歯科医院では単なるその場しのぎの歯周治療はおこなっておりません。治療はもちろん、歯周病の恐ろしさや予防方法などをきちんと説明し、治療後の衛生的な状態を保つことの大切さをお伝えしています。

歯周病ってなに?
歯周病は歯周組織(歯をささえる周りの組織)が細菌に侵されて起こる病気です。
お口の中には500種類以上もの細菌がいて、その中で歯周病の原因となる細菌は10種類以上にもおよぶといわれています。
これらの細菌が歯や歯と歯ぐきの間に繁殖して、バイオフィルム(プラーク)を形成することにより起こります。

歯周病とバイオフィルム
歯周病とバイオフィルム
細菌はネバネバした物質を分泌して互いにつながりあってバイオフィルムを形成します。
バイオフィルムは細菌にとって生息しやすい環境です。要塞の役目も担っており、免疫細胞や抗菌物質も跳ね返してしまいます。
この中で繁殖した細菌の強い毒素によって、歯周病が起こり、歯周組織は破壊されていきます。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病の症状と進行
歯周病は病名ではなく、歯周組織に起こる病気の総称です。
症状や原因によって細かく分類されますが、歯肉炎と歯周炎が歯周病の二大疾患です。歯周炎は歯肉炎が進行したもので、少し前までは歯槽膿漏とも呼ばれていました。

歯肉炎と歯周炎(歯槽膿漏)
歯肉炎
歯の周囲の歯肉溝にプラーク(歯垢)や歯石が付着して炎症が起こり、歯周ポケットが形成された状態です。
自覚症状はほとんどありませんが、歯の付け根にそって歯ぐきが赤くなり、出血することもあります。
正しい歯磨きや歯科医院での定期的なPMTC(歯のクリーニング)が必要です。
歯周炎
(歯槽膿漏)
歯肉炎が進行すると、歯を支える歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯が動いたり歯ぐきからの出血や膿が出るようになります。
歯肉炎は歯肉に限られた病気ですが、歯周炎には歯を支える歯根膜や歯槽骨が破壊される症状が加わります。
歯を守るために本格的な歯周病の治療が必要です。
歯肉溝と歯周ポケット
歯肉溝と歯周ポケット
歯肉溝は歯と歯ぐき(歯肉)の隙間のことで、健康な場合その深さは2mm程度です。
しかし、歯周病になると歯肉溝に入り込んだバイオフィルムによって歯根膜などの組織が破壊され拡大していきます。
この深くなった歯肉溝は歯周ポケットと呼ばれ、歯周病の進行状態を見極めるひとつのバロメーターになっています。
重度の歯周炎になると歯周ポケットの深さは10mmにおよぶこともあります。
歯周病の進行−歯肉炎から歯周炎まで
歯周病の進行
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病は生活習慣病
歯周病が進行する原因は細菌だけではありません!
お口のケアや生活習慣、遺伝などさまざまな要因が重なって悪化していきます。

歯周病危険度
例えば過度な労働をしていると、疲労が蓄積して自律神経のバランスが悪くなり、体調を崩してしまいます。免疫機能が低下しているため、口内炎ができたり、アレルギー性疾患をお持ちの方は表面に現れたりします。
風邪をひきやすくなるのもこのような時です。

普段は何でもないのに体調が悪い時だけ歯ぐきが腫れるといった場合も、体調が良い時は免疫機能が働いているので、症状が表面に現れないだけなのです。
歯科疾患の疑いがあるため歯科医院で診てもらいましょう!

歯周病の場合も、生活の乱れやストレスの増大、喫煙などによる免疫機能の低下などが関係するため、生活リズムや食生活・ストレスの改善、充分な睡眠、禁煙など、日頃の生活習慣に気をつけることが大切です。
これは歯周病だけでなくすべての生活習慣病に言えることです。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病と全身疾患の関係
お口の中の細菌は気道や血液を介して全身を巡ることがわかっています。
例えば、歯を抜いたり歯周病の治療など出血をともなう治療をした場合、治癒後3日間は献血できません。
これはお口の中の細菌が血液中に進入していることが考えられるためです。

歯ぐきから出血のある歯周病も同様です。
細菌が血管を巡り、病気の原因になったり、病気をひき起こす要因になることがあるのです。
また、歯周病と生活習慣病との関係も問題視されています。

歯周病の予防や改善は他の病気の予防や改善にもつながるのです。

歯周病が全身におよぼす影響
歯周病が全身におよぼす影響

歯周病が影響する恐れのある病気とトラブル
糖尿病 血液中の血糖値が病的に高まる病気で、さまざまな合併症をひき起こすことがあります
歯周病と糖尿病には互いの治療効果を妨げ合う関係があります
誤嚥性肺炎 肺炎の原因菌が唾液や飲食物と一緒に誤って肺に入ってしまう(誤嚥)ことによって起こります
高齢の方に多い病気です
細菌性心内膜炎
(感染性心内膜炎)
血管に進入した細菌が、心臓内の弁や心内膜、心筋に感染して起こる心疾患
虚血性心疾患
(心筋梗塞・狭心症)
血液中の細菌が原因となって、心臓の冠状動脈が損傷し血栓が形成されることがあります
これによって血流が滞って起こる心筋梗塞や狭心症
内臓疾患 血管より進入した細菌が腎臓や肝臓に感染することによって起こる疾患
糖尿病との合併症が懸念されます
早産や低体重児出産 歯周病を患う方の出産は、歯周病に対して起こる免疫反応と体内で発せられる出産信号が似ているため、母体の勘違いによる早産の危険性があります
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病専門検査
当歯科医院では日本歯科医学会の「歯周病の診断と治療に関する指針」に基づいた歯周病検査によって患者様の歯周病の状態を詳細に検査しております。

チェック1
問診
ご家庭でのお口のケアについて詳しくお聞きします。
生活習慣病でもあるため、飲酒を含めた食生活、喫煙状況などをお聞きします。
チェック2
歯周検査
歯肉などの歯周組織の状態や歯周ポケットの深さ、歯のぐらつきなどを検査します。
歯周ポケットの検査動揺度検査
チェック3
レントゲン検査
歯を支える歯槽骨の状態や歯周組織の炎症状態を把握するためにレントゲン撮影をします。歯周病は進行すると複数の歯におよぶため、パノラマレントゲンを用いて感染度合いを確認します。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病基本治療
歯周病の治療は細菌の温床であるバイオフィルムをきれいに落とすことから始まります。
歯周組織を徹底的に清潔な状態にすることで、歯周病の改善を目指す治療が歯周病基本治療です。

当歯科医院では日本歯科医学会の「歯周病の診断と治療に関する指針」に基づいた歯周治療によって患者様のお口の健康をお守りしています。

チェック1
PMTC−歯と歯周組織のクリーニング
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は歯科医院でおこなう機器を利用したお口のクリーニングです。
歯磨きなどでは落とせないバイオフィルムや歯石、後天的な着色などを清掃・除去します。
虫歯や歯周病の予防や改善に効果があります。また、光沢のあるきれいな歯が保て、口臭の予防や改善にも効果があります。
痛みのない手軽な治療で、爽快感のある気持ちの良い治療です。

PMTC−歯と歯周組織のクリーニング
チェック2
スケーリング−歯周組織のクリーニング
頑固にこびりついた歯石やバイオフィルムをきれいに落とします。
健康な状態を維持するには歯科医院でのPMTCとスケーリングが必要です。
チェック3
ルートプレーニング−歯根面のクリーニング
歯周ポケットの歯根面についた歯石やバイオフィルムを落とし、細菌に侵されたセメント質や象牙質を取り除きます。
歯根面をなめらかな状態にして歯石やバイオフィルムの再付着を防ぎます。
チェック4
ブラッシング指導(TBI)−歯磨きの説明と練習
歯科医院でどんなにきれいにしても、ご自宅でのケアが不十分だと、お口の中はすぐに汚れてしまいます。
歯周病の予防や改善は、歯科医院での治療だけでなくご自宅でのお口のケア(セルフケア)が大切です。
当歯科医院では患者様の歯磨きの欠点を洗い出し、適切な歯磨き方法を説明しております。
チェック5
重度歯周病の治療−外科的治療
歯周病が進行(重度の歯周病)している場合は、歯槽骨の吸収を抑えるための外科的治療が必要になることがあります。
外科的治療には歯周ポケット掻爬(そうは)術・フラップ手術・歯肉切除術などがあり、検査結果に基づいた適切な治療を施します。
チェック6
重度歯周病の応急処置
歯がグラグラしたままだと日常生活に影響します。大切な歯が抜け落ちてしまうことも考えられます。
このような場合は応急的に隣接する歯に固定する処置(暫間固定)をします。また、周囲の歯への影響を考慮して抜くこともあります。
歯周病の治療をするうえで障害となる要因を応急的な処置で予め取り除くことが必要な場合もあります。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病の改善と予防
こんなふうにならないで!
歯周病の予防や改善は、歯科医院と患者様との協力関係が大切です。
歯科医院ではプロフェッショナルケアとして、歯周病の原因となるバイオフィルムや歯石の除去を徹底的におこないます。
ご自宅では歯磨きを中心としたホームケアをおこないます。
日頃の生活習慣を意識することも良好な免疫バランスを保つためには必要なことです。

静かなる病気−歯周病
初期の歯周病(歯肉炎)はやっかいなことに自覚症状がないまま進行します。
気づいた時にはかなりのところまで進行していることが多い病気です。

自覚症状がない = 歯周病でない

ではありません。
歯周病は知らないうちにやってきて、あなたのお口を破壊し、歯を奪っていくのです。

歯周病から歯を守るポイント
歯科医院でPMTC(お口のクリーニング)を定期的におこなって、歯磨きしやすい環境を保ちましょう
歯磨き指導を受けて、あなたのお口にあった歯磨き方法をマスターしましょう
歯周病を改善する意識、予防する意識を持って生活しましょう
いつまでも健康なお口でいるために、定期健診をきちんと受けましょう
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病治療のお問い合わせ
詳しくは、ふじたか歯科クリニックまでお問い合わせ下さい。
お電話やメールにてお気軽にご連絡下さい。

お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ