大切な歯が長持ちするように、できるだけ削らずに、可能な限り痛くないように虫歯を治療してます。 / 豊中市の歯医者さん ふじたか歯科クリニック

虫歯治療治療案内トップ

できるだけ削らない! できるだけ痛くない!

虫歯の原因
虫歯はインフルエンザと同じ細菌による感染症です。
皆さんは、虫歯はインフルエンザと同じような病気ですよ!
と言っても、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか?
しかし、虫歯が原因で歯を失っている方はとても多く、困っている方は大勢おられるのです。

当歯科医院ではただ単に虫歯の治療をするのではなく、虫歯の恐さや予防方法などをきちんと説明しております。
治療においても、従来のような悪いところをただ削って詰めるのではなく、できるだけ削らない、できるだけ痛みの少ない治療を心がけています。
また、個々の患者様にお口の状況を説明して、よく話し合った上で治療計画を立て、治療に望んでおります。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
虫歯っていったいなに?
細菌とバイオフィルム
バイオフィルム
お口の中が汚れていると歯や歯と歯ぐきの間に細菌が繁殖します。これらの細菌は自身の排泄物や死骸などとともにバイオフィルムを形成します。
バイオフィルムは無数の細菌の集合体で要塞のようなものです。歯磨きだけでは落としにくく、抗菌物質や免疫細胞も跳ね返す厄介な存在です。

脱灰と再石灰化
脱灰と再石灰化
食事を中心に、お口の中では歯を溶かす脱灰と歯を修復する再石灰化が繰り返されています。

■ 歯を溶かす脱灰
私たちの食事は細菌にとってもご馳走です。
細菌は食後のたびに活発に活動して酸を大量に出します。この酸によって歯は溶かされ、リン酸やカルシウムが失われていきます。

■ 歯を再生する再石灰化
食後しばらくすると、お口の中は唾液の持つ緩衝作用によって中性に戻ります。そして、唾液に含まれるリン酸やカルシウムが歯に再付着する再石灰化が始まります。

虫歯予防は脱灰と再石灰化のバランスが大切!!
脱灰と再石灰化のバランスを阻害する最大の要因は間食です。
間食を繰り返していると脱灰の状態が続くことになり、歯が修復される再石灰化の状態が少なくなってしまいます。
これでは虫歯は悪化するばかり・・・
やがて歯はボロボロになり、将来的にはブリッジ・入れ歯・インプラントの治療が必要になってしまうかもしれません。
歯質が弱い方・唾液の機能の低い方の場合はとくに注意しましょう!

脱灰と再石灰化のバランスが良い

バランスが崩れて脱灰ばかり
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
いろいろな虫歯の要因
いろいろな虫歯の要因
虫歯の直接的な原因は細菌が出す酸によって歯が溶けることですが、これには脱灰と再石灰化のバランスの崩れが大きく影響していることがわかりました。

しかし、実際の虫歯の進行はもっと複雑です。
歯質や唾液の機能、日頃のお口のケアなど、さまざまな要因が重なって虫歯は進行します。

歯の質や唾液の機能には個人差があります。
虫歯になりやすい、なりにくいは、この個人差が影響してきます。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
虫歯の進行
虫歯の治療は進行状況によって異なってきます。
痛みを感じて来院される患者様の多くはC3以上の虫歯であることがほとんどです。また、C0・C1レベルの虫歯は痛みを感じないため、歯科医院でないとなかなか発見できません。しかし、C0・C1レベルの虫歯の治療であれば、歯を削ることも麻酔をすることもありません。
虫歯の早期発見・早期治療のためにも定期健診を受診し、大切な歯を守りましょう!

C0:初期虫歯
C0:初期虫歯
歯の表面のエナメル質が白く濁り、透明感が失われた状態です。
歯磨き指導やフッ素によって再石灰化を促す治療をおこなうため、歯は削りません。
フッ素は虫歯に強い歯質をつくる性質を持っています。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
表面のエナメル質が溶け始めた状態で本格的な虫歯の始まりです。
エナメル質には神経がないため痛みは感じません。
虫歯に気づくこともまずないでしょう。
歯を削らない石灰化を促す治療を最優先におこないますが、虫歯の進行を抑えられない場合は削って治療します。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯
象牙質まで虫歯が進行した状態です。
象牙質はエナメル質に比べて柔らかいため虫歯の進みが早く、歯髄(神経)に近づくにつれて、冷たい物がしみるようになります。
まだ神経には達していないため、歯を削って虫歯に侵された象牙質を除去します。
C3:歯の神経(歯髄)の虫歯
C3:歯の神経(歯髄)の虫歯
歯髄まで虫歯が進行して大きく穴の開いた状態です。
歯髄に炎症が起こるとズキンズキンとした激しい痛みがあり、いずれ歯髄は死んでしまいます。
細菌に侵された象牙質や歯髄(歯の神経)を除去する根管治療をおこないますが、歯の神経のない失活歯となります。
根管治療をきちんとすれば、この歯を長持ちさせることが可能です。
C4:末期の虫歯
C4:末期の虫歯
歯の頭(歯冠部)がなくなり、歯根だけが残った状態です。
すでに歯髄は死に激しい痛みも感じません。
歯根先端部には袋状の膿の塊ができると、歯を残すことも困難になってきます。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
できるだけ痛くない虫歯治療のために
虫歯の治療かぁ・・・痛くないかなぁ…
象牙質や歯髄(歯の神経)に進行した虫歯は、細菌に侵された部分を除去するために、歯を削ったり歯髄を除去しなければなりません。
これらの治療は痛みをともなうため麻酔注射が必要になります。

麻酔注射だけでも、歯医者さんは痛そう! 恐い! って思う方がいますが、
当歯科医院では最小限の痛みで留めるために、ていねいに治療をするだけでなく、さまざまな工夫を取り入れております。
痛くない治療のために!
表面麻酔で麻酔注射の痛みをやわらげる
麻酔注射で最も痛みを感じるのは針を刺す時です。
麻酔注射の前に表面麻酔剤を歯ぐきに塗ることで針を刺す時の痛みを緩和することができます。
お子さんの抜けそうな乳歯であれば表面麻酔だけで抜くこともできます。

体温に近い温度の麻酔液を使います
麻酔液と体温の温度差が大きいと、その刺激は痛みとして表れます。
麻酔液を温めることで、刺激を緩和し痛みを軽減することができます。

コンピューター制御の電動麻酔注射器
電動麻酔注射器
麻酔液を注入する時の注入スピードや注入圧力にばらつきがあっても痛みとして表れます。
コンピューター制御の電動注射器で注入圧力と注入スピードを一定にすることで、麻酔注射時の痛みを緩和することができます。

ていねいな応対とていねいな治療
歯医者さんは恐い!治療は痛い!といった先入観が肉体的苦痛を助長することはよくあることです。
この先入観を少しでもやわらげるために、治療前のていねいな応対と治療方法や治療計画をきちんと説明することで、治療に対する不安が解消されるよう心がけています。
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ
虫歯治療のご相談
詳しくは、ふじたか歯科クリニックまでお問い合わせ下さい。
お電話やメールにてお気軽にご連絡下さい。

お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
お電話によるご連絡
TEL:06-6842-3314
  • トップページへ戻る
  • このページのトップへ